メインイメージ画像

システムバスの一番の特質は?

一昔前のお風呂は在来工法と呼ばれるすべで作られたものが主流でした。しかしながら、現代のお風呂の主流はユニットバスです。システムバスの一番の特質は、防水性に優れると箇所でしょう。床と側面の一体型ですから、何年たっても水漏れ自体は普通はないでしょう。浴室全体をそのまま水洗いできるのでケアも楽です。完成までも短期で完了するので、何日もお風呂を使えないという事態はないです。

予算面でもシステムバスは一昔前のお風呂と異なり、非常に安くなると思われます。この頃は、リフォームを施すと地方自治体から補助金がでる事例があるのです。一例をあげると、耐震強度を高めるリフォームは昭和56年以前を適応とするケースが多数です。金銭や他の必要条件は各地方自治体により相違するので事前に確認してみて下さい。次に、お年寄りが同居する家族では、介護保険を使って補助金を受理することが可能です。

手すりや、落差の解消などバリアフリーに関係するものが該当となります。業者に払う負担金額は1割すむので、この例もリフォーム業者や福祉関係者に事前に確認して下さい。東北大震災後、耐震リフォームの希望は増加してきています。しかしながら、その弱点つけこみ高いリフォームをさせる悪徳メーカーも存在します。言うとおりに、すぐに締結するのはやめて下さい。

耐震リフォームの対象となる住居は昭和56年以前に建てられたものです。一方、平成12年にも耐震基準の修正がありました。まずは、住宅の築年数を調べ、耐震チェックを受けて下さい。耐震診断は、建てられた年数に関連して、お金がかからないこともあります。とりあえず、関係団体などに窓口が設けてあるので、耐震調査の要項を相談してみましょう。